お知らせ

header-pic

外来だより 2018年 3月号

木々や花が芽吹き始める様子に、春の訪れを感じる季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、早いことでもう3月です。3月のイベントといえば、ひな祭り!「ひな祭り」といえば雛人形を飾り、ちらし寿司やハマグリのお吸い物を食べて女の子の健やかな成長を願う伝統行事です。
女の子の伝統行事「ひな祭り」の由来や意味についてのお話です。ひな祭りの起源は、季節の節目や変わり目に災難や厄から身を守り、よりよい幕開けを願うための節句が始まりとされています。また、ひな祭りに欠かせないひな人形も、昔は飾るのではなく川に流されていたそうです。
ひな祭りの由来には2つの話が必要で、まず1つ目の話は、「上巳の節句」についてです。上巳の節句とは中国から伝わった五節句の1つで、3月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形で自分の体を撫でて穢れを移し、それを川に流すことで厄払いや邪気祓いを行う風習がありました。
また一方、貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った遊び、今で言うところの「おままごと」が流行っていました。これを「ひいな遊び」と言うのですが、このひいな遊びと川に流す人形が結びついて「流し雛」が誕生したそうです。さらに江戸時代になると、人形作りの技術が向上したことで川に流すのではなく家で飾るように変化していったそうです。
つまり、ひな祭りに雛人形を飾るのは、昔の人形や流し雛の風習通り、お雛様に女の子の穢れを移して厄災を身代わりに引き受けてもらうためということです。また、厄払いの意味があるので一夜飾りは避けるべきとされ、遅くとも2月中旬くらいまでには飾らないといけないと言われているようです。これがひな祭りの由来と言われています。
また、ひな祭りの元となっている上巳の節句では、特に女の子のための日という概念はなく、男女共通の行事としていて厄払いや邪気祓いが行われていたそうです。
そして、江戸幕府はそれまで日付が変動していた上巳の節句を3月3日と定め、さらにひな人形を飾ることから、この日を女の子の健やかな成長や幸せを願う日と変化していき、今のひな祭りとなったそうです。
ひな人形が自分の厄災を身代わりに引き受けてもらう役割があると知ると今後、飾る際や片づける際により慎重に丁寧に扱うようになりますし、「ありがとう」という感謝の気持ちで扱えるようになりますね。(R・S)

ひな壇に飾られた雛人形のイラスト