お知らせ

header-pic

外来だより 2021年 9月号

9月になってもまだ残暑の厳しい毎日です。夏の疲れはでていませんか。東京オリンピックが無事に終わり、パラリンピックが終盤を迎えています。2020東京オリンピックは昨年、世界中の人類を脅かす感染症、新型コロナウィルスによるパンデミックが起き、延期を余儀なくされました。今なおコロナウィルスは人々を苦しめ続けていますが、今年、オリンピック史上初の無観客開催にこぎつけることができました。

開会式に聖火ランナーとして登場した長嶋茂雄さん、王貞治さん、松井秀喜さんという国民栄誉賞を授けられたプロ野球界のレジェンド3人。開会式で最も涙した場面となったことでしょう。一歩一歩ゆっくり歩く長嶋茂雄さんの姿に心打たれた方が多かったと思います。

「ようやく夢の舞台に立つことができた。」またリハビリ中を振り返り「凄まじいリハビリを行った。1ミリでも手足を動かすためにできる限りのことをした。」と語った長嶋さんの困難にも射ち勝とうとする前向きな姿勢は、コロナ禍で賛否両論が渦巻いた今大会の開会式でしたが、きっとこの時ばかりはポジティブに喜べたように感じました。

コロナ禍で複雑な気持ちではありましたが、日夜オリンピック中継に釘付けの日々、安定の柔道に連覇を果たすソフトボール。競泳や体操、サムライジャパンも盛り上げてくれました。他全ての競技において選手たちは自分の持てる力を存分に発揮し過去最高の金メダルを獲得していきました。絶対王者、中国を破り初代王者となった卓球混合ダブルスの水谷、伊藤ペアの精神力の強さ、技術、根性、お互いを信じる気持ちに感動し、忘れられない試合となりました。

また今大会の特徴として金メダル最年少を更新したスケードボード女子ストリートの西谷選手をはじめとした新競技、新世代の躍動を感じずにはいられないオリンピックとなりました。競技を知らない日本人の多くの人が若者の夢と力強さに圧倒させられました。次期オリンピックにも大きな期待を持てましたね。

県内でのワクチン接種も進み、来院の患者さんからも「もう2回終わったよ。」とよく聞くようになりました。でも決してワクチンをしたら感染をしないわけではありません。現在感染の主流となっているデルタ株はかなり感染力も強いため、引き続き感染対策には手を抜かず、気を付けましょう。