外来だより

header-pic

外来だより 2011年 10月号

朝夕と冷え込むようになってきましたが、皆様いかかお過ごしでしょうか?
10月10日は御存じの方も多いと思いますが“目の愛護デー”です。
今年の目のチェックは済んでいますか?
当院でも検診のときに異常が見つかり、来院される患者さんがいらっしゃいます。
眼圧(眼の硬さ)が高かったり、視神経(眼の神経が集まっている場所)の形が緑内障特有の形に似ていたりと緑内障の疑いの患者さんが中でも多い気がします。
眼圧の検査はもちろん、視野(見える範囲)の検査も行います。
視野の検査は2種類ありますが、どちらも患者さんの応答を基に検査が進められます。
緑内障がある方は定期的にこの検査を行うのですが、「何度やっても緊張するわ」と手に汗をかいている方や「ちゃんと検査出来たかな?」と心配される方、中には「ゲームみたいで楽しいね」「年に1回詳しく検査してもらえるから安心や」と検査をする側としても心強い言葉を掛けて頂けることもあります。
検査イメージ視野検査の種類によっては時間が長くかかるものもあるので、患者さんとコミュニケーションをとりながら緊張が少しでも和らぐように検査をしていたいと思います。

緑内障は初期は自覚症状がありません。検診で異常が見つかった方はもちろん、最近目の調子が気になる方は一度、眼科を受診してみてはいかがでしょうか?

(S.O)

2011年10月1日