外来だより

header-pic

外来だより 2013年 8月号

梅雨が明け、本格的な暑さが日に日に増してきていますが、みなさん熱中症は大丈夫ですか。外来で受付業務をしていると、汗をびっしょりかいた患者さんが、「外は暑くてたまらんわぁ~」と言いながら診察券や保険証を出されます。夏が大好きな私は、夏がきたな、外に出たい!と、自動ドアの向こうのギラギラした日差しを見て思ってしまい、ちょっと変だね、と周りのスタッフから言われる今日この頃です。

そんな私ですが、たまたま昨年の今頃も、外来だよりを担当し、出来事をお話しました。昨年は海水浴に行き、日焼けというより、火傷といっていいような焼けかたをし、痛く、ちょっと調子に乗りすぎた夏でした。当院の先生にも日焼けを見せたら、笑われてしまいました。経過はまだ一年越しにもかかわらずしつこく、くっきりと境目を残しております。すごいですね。

夏本番になり、大分県県内どこも海開きが行われ、皆さんも海水浴に行く機会があると思います。海には意外と危険も多く、毒のあるタコや貝で手足のしびれ、めまいで溺れてしまうこともあるそうです。小さいお子さんなど、すぐに手が伸びてしまい危険です。もちろん大人も綺麗だからといって触らないようにしましょう。

また、夏にアクセサリーの使用で汗と反応し、金属アレルギーを起こすことも多いそうです。いつも使っているものでも体調や時期により反応することもあるので、気をつけましょう。

楽しい夏を過ごすにも、体が資本です。事故なく、熱中症などにも気をつけてください。今、コンビニやドラッグストアでも熱中症対策グッズが多く品揃えされています。こういったものを上手く利用し、暑い夏を乗り切りましょう。

R.F