外来だより

header-pic

外来だより 2010年 11月号

今年は、秋があったのかな?というほど暑かったですね。夏から秋を飛び越えて11月になり、ようやく少し冬らしくなってきましたが、みなさん体調を崩してはいませんか?

先月中旬に弱視訓練で来院した5歳の男の子に「今日は幼稚園で何をしたの?」と聞くと、「お芋掘りをした♪」「いっぱい採れて、美味しかったよ♪」と答えてくれました。小学校や幼稚園では運動会をしたところもあったみたいですね。秋があったかな?と思っていた私ですが、子供さんはしっかり秋を満喫していたようです。

もう一つ、先月面白い出来事がありました。私の自宅の周りにはたくさんの柿の木があります。ほとんどが甘柿でその中に3-4本しぶ柿があります。ふと1本のしぶ柿に目をやると種類の違う柿が所々になっていたんです。(甘柿は丸く、しぶ柿は縦に細長いんですが・・・)形は甘柿でもしぶ柿の木になっているから渋いんだろうなと思い半信半疑で食べてみると、とっても甘くて美味しんです。同じ木に種類の違う実がなるものなのですね。夫婦や友人など、いつも近くにいると顔付きや雰囲気まで似てくると言いますが、まさか柿も同じことが起こるとは驚きです。不思議なことも起こるものですね。
風邪をひいた子供のイメージ これからどんどん寒さが増して行きます。風邪やインフルエンザなども流行する時期になりました。手洗いうがいをきちんと行い風邪を予防して、体調万全で冬を乗り切りましょう。

(M.W.)

2010年11月1日