外来だより

header-pic

外来だより 2009年 11月号

今年の夏は雨が多く、去年程海やプールに行くことができず残念に思っていましたが、気がつけば涼しくなりとても過ごしやすい季節になっていますね。もう秋ですね!食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋…と決まり文句のようにこの時期言われますが、私は毎年「食欲の秋」です。みなさんはどのような秋を過ごしますか?どんな秋を過ごすにしてもやっぱり体調が良くないと快適に過ごせませんよね…ということで今、流行している新型インフルエンザについて。
新型インフルエンザとは季節性インフルエンザとは抗原性が大きく異なるインフルエンザです。一般に免疫をもっていないことから生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあります。新型インフルエンザの症状は、突然の高熱、咳、咽頭痛、倦怠感、頭痛等で季節性インフルエンザと似ています。慢性呼吸器疾患慢性心疾患糖尿病などの代謝性疾患など、このような持病がある方々の中には、治療の経過や管理の状況によりインフルエンザに感染すると重症化するリスクが高い方がいます。手洗いの励行、うがい、人混みを避けるなどして感染しないように注意してください。
また、小さなお子さんがいる家庭や妊娠している方、高齢者の方も注意が必要です。最近、ドラックストアーや広告などで目にするようになったマスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみなどの症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。

うがい手洗いイメージ 一方で、予防用にマスクを着用するのは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられています。屋外などでは、相当混み合っていない限り着用する効果はあまり認められていないようです。外来にお越しの患者さんにもマスクを着用している方がいらっしゃいます。「風邪をひかれましたか?」と聞くと「予防ですよ!」と笑顔で答えてくれるので安心します。
私は今年の2月に家族で大阪に旅行した際、インフルエンザにかかりました。大阪から私へのおみやげでした!来年は、インフルエンザにかからないように気をつけたいと思います。

(Y.S.)

2009年11月1日