外来だより

header-pic

外来だより 2009年 9月号

日中は、まだ夏の名残を感じさせますが、朝夕はようやくしのぎやすくなりました。夏の疲れは出ていませんか。 今年の夏、世界陸上ベルリンにて、世界中の人をテレビの釘づけにした、ウサイン・ボルト選手の走りを皆さんは、ごらんになりましたか。日本の選手の活躍もさることながら、2位以下を大きく引き離し、次々と世界新を制した、すばらしい走りでしたよね。滅多にテレビは見ない私ですが、陸上をしている娘の影響もあって、今年ばかりは、無性に血が騒ぎました。
そして、なんといっても、県民の記憶に残る激闘を見せた高校野球、大分代表明豊ナイン。入院中の患者さんのお孫さんが明豊野球部と聞き、仕事の合間に部屋をのぞいては、一緒に応援しました。全力で頑張る姿、とても感動しました。病室でも拍手喝采でしたよ。

野球イメージ さて話は変わりますが、全国的に流行している新型インフルエンザ。県内では、今のところ重症者は出ていないものの、集団感染が発生しています。新学期が始まり、お子さんのいる家庭では、夏休みが終わって、ほっと一息・・・の反面、感染の危険も増え、心配になりますね。とにかく外出後の手洗いやうがいを徹底させ、人の多い所へ行く際にはマスクをつけ、予防に心がけましょう。私たちも予防の徹底と体調の変化には十分、気をつけたいと思います。
さわやかな季節、食欲の秋。さんま、いわし、梨、ぶどう・・・美味しいものをたくさん食べて夏の疲れを解消しましょう!

(K.S.)

2009年9月1日