外来だより

header-pic

外来だより 2008年 6月号

ゴールデンウィークはどのようにお過ごしでしたか?私はどこにも行きませんでした。点数にすると、30点。本当は行ってみたい場所がたくさんあり、来年こそは高得点を、と思っています。
さて、6月といえばやはり雨ですね。梅雨の季節です。梅雨の間は洗濯物で部屋中がいっぱいになり、カラフルです。今は部屋干し用の洗剤が発売されており、あの独特なにおいから開放され、便利な世の中になったなと感じます。
小学校低学年の頃、恩師から「ツバメが低く飛んだら翌日は雨」という豆知識を教わり、いまだにそれを信じています。雨が降る前はツバメのえさとなる虫が地表に出てきたり、虫の羽が湿度で重くなり、地表から高いところを飛べないため、ツバメが低いところをめがけて飛ぶというものです。しかし、少しでも雨が降りそうだったら傘を持ち歩くのですが、職場から帰宅する頃には晴れていることがしばしばあります。職場のスタッフからは、私が傘を持っていると「帰る頃には雨が上がっている。」「今日、傘は必要ないね。」などと言われるほど、なぜか傘を持って行くとささずに帰宅する日が多いのです。どうしてでしょうか?
ツバメイメージ  雨の音を聞きながらゆったりと過ごすのもこの時期ならではのものですね。しかし、こういったジメジメした季節は、食中毒が発生しやすい時期でもあります。手洗いやうがいを励行し、注意しましょう。そしてよりよい6月をお過ごしください!

2008年6月1日