外来だより

header-pic

外来だより 2008年 新年号

新年明けましておめでとうございます。
近頃なにかと心の痛む出来事が目立つ世の中。
昨年の外来だより新年号も同様の書き出しでした。
2007年の漢字で選ばれたのが、『偽』とても悲しい一文字です。しかし、今の日本の現状を的確に表している気もいたします。昨年は、食品偽装、政界に多くの偽り、多くの業界に偽装。本当に多くの偽りが、ニュースとなりました。明るいニュースもありましたが、偽りに消去されてしまったように思います。2005年の『愛、』、2006年の『命』のような前向きな一文字が、今年の年末に選ばれることを祈ってやみません。

お正月イメージ 当院では、電子カルテ稼動し一年が経過しました。当初は皆様にご迷惑、不快を与えるのでは?と心配していました。コンピュータへの入力の作業が増えることで会話が減ってしまい、患者さんとのコミュニケーションがとれなくなることをスタッフが一番不安に思っていました。しかしその点はクリアできたようで、院内いろいろなところで患者さんとの日常会話や笑い声があふれています。ぜひ一度診察にお越し下さい。右田眼科には、『偽』の文字は影も形もありません。今年もAccountability(説明責任)を十分果たしてゆきます。

 今年一年、HAPPYな外来だよりで、読む人の心があたたかく元気になったらいい、そんな願いをこめて♡ ♡ ♡ 本年もよろしくお願いいたします。

2008年1月1日