外来だより

header-pic

外来だより 2016年 10月号

さわやかな秋晴れの続く今日この頃ですが、皆様体調などは崩されていませんか?

さて、10月は行楽のシーズン、そして実りの秋ですね。山々が色づき始めると、紅葉を観に出かける方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、すでにご存じの方も多いとは思いますが、大分県の紅葉スポットの紹介です。
まずは、国東市にある文殊仙寺です。モミジ、イチョウ、ケヤキが植えてあり文殊仙寺に続く道沿いの奇岩の木々は、寺に近づくにつれて紅葉が深まり境内や駐車場からは素晴らしい景色を観ることが出来ます。
次に風光名媚な城下町、竹田市にある岡城址です。
赤や黄色に彩られる岡城の美しい紅葉の他に、期間限定で歴史の道周辺に竹灯籠の灯りをともす「竹楽」など、幻想的な気分を楽しむ事が出来ます。そして最後は中津にある深耶馬渓です。九州を代表する紅葉の名所とも言われており、そそり立つ岩肌に、モミジ、ホウノキ、ハゼ、イチョウなどの紅葉、黄葉が延々と渓谷を彩ります。日光の関係上、午前中の鑑賞がおすすめです。
他にも紅葉の綺麗な場所は大分県には多々あります。私は、毎年、どこか1か所には必ず足を運び、紅葉を観ながら日本の四季の美しさを感じ、おいしい空気を吸って自然のパワーをもらっています。
毎年、観にかれる方も、そうでない方も紅葉や黄葉を観ながら、空きのすばらしさを感じてみてはいかがでしょうか。